治療を受けている女性

インプラントの治療費

横になった患者

インプラント治療とは、歯が抜けて無くなってしまったところにインプラントという人工的に作られた歯根を骨に埋め込む治療です。この説明からも分かるようにこの治療は簡単なものではないので、費用も必然的に高くなります。 このインプラント治療の費用は、手術・人工歯・検査の三つの独立した費用から計算されます。骨にねじを埋め込む手術で歯一本当たり約10万から30万前後が相場です。また人工歯の費用は一本当たりで5万から20万前後が相場です。歯科医院によってその値段は変わりますが、平均で歯一本当たりで40万円弱であることが多いようです。なので、複数の人工歯を埋め込むとなると100万円以上かかってしまうということになります。

歴史を遡ればインプラントの起源は紀元前になります。近代のインプラント治療は約60年前に発見されたチタンと骨との結合をなしでは語ることができません。この時代までは、インプラント治療は行われていましたがどの金属などの材質でもすぐに抜けてしまうのが欠点でした。これによって、このインプラント治療を行う人は少なかったのです。これが、このチタンと骨が結合するという発見によってインプラント治療が大きく発展することになりました。これから、ねじ式のものスクリュー式のものやチタンとどのような材質を組み合わせると長期間使用できるのか患者さんの負担を減らせるのかなどの研究が飛躍的に発展してきました。 チタンと骨の結合の発見が今日のインプラント治療の発展のきっかけを作ったです。